導入事例

中島ストアー

株式会社中島ストアーは、12月11日より各社の店舗でのみ利用できる電子マネーサービス「rabbica(ラビカ)」の提供を開始いたします。電子マネーを導入することで、支払時にお財布から小銭を出し入れする手間が解消されます。店舗側でもレジ処理を簡素化できるため、人的ミスを減らし効率化を図ることができます。全日食チェーンは「キャッシュレス決済でお客様の利便性を向上させ、お買物をより楽しんでいただきたい」としています。

運営

株式会社中島ストアー

導入時期

2019年12月11日

利用機能

ハウス電子マネー

プレスリリース

https://www.arara.com/news/press/entry6348/

 

カード名称

rabbica

発行手数料

200円

チャージ上限

最大90,000円+プレミアム10,000円

この企業と同じ業種の事例

この企業と同じエリアの事例

独自Pay(ハウス電子マネー)の導入は
私たちにご相談ください

Contact
お電話でのお問い合わせはこちら
【平日】10:00~19:00
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
アララ キャッシュレスが
選ばれる理由が3分で分かる。