コラム

catch-img

スーパーマーケット経営に必要なことは?成功の鍵を握るハウス電子マネーも紹介

スーパーマーケット開業時には、各種申請や資格取得が必要です。また、開業後もスーパーマーケット経営にはいくつか課題が存在します。

課題を解決する鍵を握るのがハウス電子マネーの導入です。本記事では、スーパーマーケット経営に必要なことやハウス電子マネー導入で期待できるメリットを紹介します。


目次[非表示]

  1. 1.スーパーマーケット経営に関する基礎知識
    1. 1.1.スーパーマーケットは食品や飲料などを取り扱う小売店
    2. 1.2.スーパーマーケット業界の特性と動向
    3. 1.3.スーパーマーケットの経営にかかる費用
  2. 2.スーパーマーケット経営に必要な準備とは
    1. 2.1.事業計画の作成・店舗物件探し
    2. 2.2.スーパーマーケット経営に必要な資格の取得
    3. 2.3.各種申請手続き
    4. 2.4.商品の仕入れ
  3. 3.スーパーマーケット経営に関する課題
    1. 3.1.少子高齢化や消費者の嗜好変化
    2. 3.2.多数の競合
  4. 4.スーパーマーケット経営を成功させるポイント
    1. 4.1.商品以外の魅力をアピール
    2. 4.2.お客様のニーズを把握
    3. 4.3.業務効率化
    4. 4.4.資金繰り改善
  5. 5.ハウス電子マネーを導入してスーパーマーケット経営を成功させる
    1. 5.1.普段クレジットカードを使用しない層を取り込める
    2. 5.2.レジでの決済がスムーズに
    3. 5.3.取引履歴を把握して販促につなげやすい
  6. 6.まとめ


スーパーマーケット経営に関する基礎知識

スーパーマーケットは、もともとスーパーマーケット(supermarket)やスーパーマーケットストア(superstore)を省略した言葉です。スーパーマーケット経営を成功させるためには、まずスーパーマーケットに関する基礎知識を整理しておかなければなりません。

そこで、スーパーマーケットの定義や業界の動向、開業時や経営に必要な費用について確認しておきましょう。


スーパーマーケットは食品や飲料などを取り扱う小売店

一般的に、スーパーマーケットとは食品や飲料などを取り扱う小売店を指します。経済産業省では、売場面積が3,000㎡以上(都の特別区及び政令指定都市は6,000㎡以上)の総合スーパーマーケットを大型総合スーパーマーケット、3,000㎡未満(都の特別区及び政令指定都市は6,000㎡未満)の総合スーパーマーケットを中型総合スーパーマーケットと定義しています。

同じく経済産業省の定義では、衣・食・住いずれかの商品の全体に占める割合が70%以上のお店を専門スーパーマーケットとしています。70%以上の取扱商品が3つのうちどれかによって、衣料品スーパーマーケット、食料品スーパーマーケット、住関連スーパーマーケットと区別されます。

なお、売場面積が250㎡を下回る場合はスーパーマーケットではなく、コンビニエンスストアです。

出典:経済産業省「別表 『業態分類表』」


スーパーマーケット業界の特性と動向

スーパーマーケット業界の特性としては、少子高齢化や人手不足、キャッシュレス化などの外部要因に影響されやすい点が挙げられます。これらの外部要因に対応すべく、合併などのM&Aを進めるケースも多く見られます。

近年のスーパーマーケット業界における動向として、地方スーパーマーケット同士の提携や大手スーパーマーケットによるプライベートブランド(PB)の商品開発が増えていることなどが挙げられます。また、セルフレジやネットスーパーマーケットのように、ITを駆使したサービスを導入する店舗も増えています。


スーパーマーケットの経営にかかる費用

スーパーマーケット経営に関する費用は、開業時費用(初期費用)と運営費用に分類できます。

開業時費用としてかかるのは、店舗物件の取得費、工事費、設備設置費、広告宣伝費、仕入費などです。規模や立地によって、店舗物件の取得費や工事費、設備設置費にそれぞれ1,000万円前後かかることもあります。開業時費用全体としては、500〜4,000万円が目安です。

運営費用には、人件費や仕入費、広告宣伝費、水道光熱費などがあります。月50〜250万円が運営費用のひとつの目安です。店舗物件を取得せず、賃貸で営業する場合には賃貸料も考慮しなければなりません。

なお、フランチャイズで開業する際には、別途加盟金や保証金などが発生します。

\お客様の利便性を高めるキャッシュレス決済を導入しよう/


スーパーマーケット経営に必要な準備とは

スーパーマーケットを経営するにあたり、まずは開業費用や運営費用を調達する目処をつけておかなければなりません。自己資金や親族・知人からの借入で費用をまかなうことができない場合には、国の補助金や助成金、日本政策金融公庫や銀行からの借入を検討しましょう。

そのほかにも「事業計画の作成・店舗物件探し」「スーパーマーケット経営に必要な資格の取得」「各種申請手続き」「商品仕入れ」などのさまざまな準備が必要です。スーパーマーケット経営に必要な準備のポイントを解説します。


事業計画の作成・店舗物件探し

事業計画(事業計画書)とは、事業を今後どのように運営していくのかを社内外に示す計画のことです。事業計画を策定することにより、経営者もより客観的な判断を下せるようになります。

特に、金融機関から資金調達する際には事業計画書の提出が必要です。事業計画書を作成する際には、売上高や利益見込みなどに根拠のある数字を用います。また、第三者が読むことを想定し、わかりやすく書くことや自社の強み・弱みを客観的に記すことも意識しましょう。

今後の売り上げを左右するため、店舗物件探しも大切な作業です。実際に物件選びを始める前に、まずは「立地」「面積」「家賃」がどんな物件が理想か整理しておきましょう。

条件面を整理する際には、「立地」はアクセスのしやすさや駐車場の有無、「面積」は想定している取扱商品の数量や大きさ、「家賃」は月商の10%以内に収まるのかなどに注目することがポイントです。


スーパーマーケット経営に必要な資格の取得

食品の製造・販売をおこなっている場合、店舗に最低1人の「食品衛生責任者」を置かなければなりません。食品衛生責任者になるためには、食品衛生学や食品衛生法などについて学ぶ、合計6時間程度の養成講習会受講が必要です。

出典:東京都福祉保健局「食品衛生の窓」

また、防火管理者も置かなければなりません。店舗の延面積が300㎡未満の場合は甲種防火管理者・乙種防火管理者いずれでも問題ありませんが、300㎡以上の場合には甲種防火管理者が必要です。乙種防火管理者の資格は1日の講習で修了できるのに対し、甲種防火管理者の資格取得には2日を要します。

出典:東京消防庁「防火管理者が必要な防火対象物と資格」

必須ではありませんが、リテールマーケティング(販売士)を取得すれば接客や取扱商品に関する専門知識などを身につけることが可能です。

出典:日本商工会議所「販売士」


各種申請手続き

店舗で食品を取り扱う場合は、営業許可申請書を保健所に提出し許可を得なければなりません。営業許可申請書は施設工事完成日の10日前を目安に提出しましょう。提出時には、申請書のほかに施設の構造や設備を示す図面、食品衛生責任者を証明するもの、水質検査成績書、許可申請手数料が必要です。

なお、食品関係の営業許可申請は、業種によって調理業・製造業・処理業・販売業に分類されています。スーパーマーケットで食肉や魚介類を販売する場合は販売業にあたります。

出典:東京都福祉保健局「食品関係営業許可申請の手引」


商品の仕入れ

商品の仕入れは、利益率にも影響するため重要です。できるだけ早い段階で、希望する額で調達できる仕入れ先を見つけておくことが大切です。地元の農家や漁業組合とのつながりを持てば、安く野菜や魚介類を仕入れられる可能性もあります。

また、フランチャイズに加盟するのもひとつの方法です。フランチャイズの場合、本部がまとめて発注するため、仕入れが途切れにくく安定した供給網を確保できます。

ただし、フランチャイズに加盟すると、独自の戦略を打ち出しにくくなるので、注意しましょう。

\独自の戦略を打ち出せる独自Pay(ハウス電子マネー)とは?​​​​​​/


スーパーマーケット経営に関する課題

2020年のスーパーマーケット年間総売上高の前年比は全店ベース106.3%、既存店ベース105.0%となり、2012 年以降で最高値となる大幅な前年超過を記録しました。在宅人数・時間の増加や外食自粛で家庭内調理の機会が増えたことが要因のひとつです。

しかし、依然としてスーパーマーケットを経営していく上では「少子高齢化や消費者の嗜好変化」「多数の競合の存在」といった課題が存在します。それぞれの内容を確認していきましょう。

出典:一般社団法人 全国スーパーマーケットマーケット協会「2021年版スーパーマーケットマーケット白書」


少子高齢化や消費者の嗜好変化

2020年9月15日時点で、日本の人口は1億2,586万人で前年比29万人減少しているのにもかかわらず、65歳以上の高齢者人口は3,617万人(前年比30万人増)で過去最高を記録しています。2015年にすでに75歳以上人口が0〜14歳人口を上回っており、少子高齢化が深刻です。

出典:総務省統計局「統計トピックスNo.126 統計からみた我が国の高齢者-「敬老の日」にちなんで-」「統計トピックスNo.119 統計が語る平成のあゆみ」

少子高齢化・人口減少が今後も進んでいけば、国内の市場縮小は避けられません。市場縮小に伴う売上低下をどのように防ぐか、もしくは売上高が減少した分をどうやって利益確保できるようにするかといったことが課題になるでしょう。

また、スーパーマーケットで購入した安くて新鮮な食材を家で調理して夕食にするのではなく、コンビニなどの弁当で食事を済ますなど消費者の嗜好も変化しつつあります。


多数の競合

近年、コンビニやドラッグストア、ディスカウントストアなど食品を取り扱う店舗が増えており、スーパーマーケットを経営する上でさまざまな競合が存在します。たとえアクセスの良さが売りであったとしても、自宅まで宅配されて便利なネットスーパーマーケットの利用にシフトするお客様もいるでしょう。

便利さやお得感など、特別なアピールポイントがなければ、生き残りが難しくなりつつあります。

\便利さ・お得さで競合と差別化をしよう/


スーパーマーケット経営を成功させるポイント

少子高齢化や多数の競合相手の存在など、スーパーマーケットを取り巻くさまざまな課題を解決していくことがスーパーマーケット経営の成功にもつながります。具体的には「商品以外の魅力をアピール」「お客さまのニーズを把握」「業務効率化」「資金繰り改善」していくことがポイントです。

スーパーマーケット経営を成功させるための4つのポイントをチェックしていきましょう。


商品以外の魅力をアピール

多数の競合が存在することから、値段を下げるだけでは競合に打ち勝つことが難しくなっています。価格面で対抗できない場合、商品の質で勝負することも大切ですが、商品以外の魅力をアピールすることで集客につながることもあるでしょう。

商品以外の魅力アピール方法として、電子マネーの導入でお客さまの決済を楽にすることや、ポイント制を取り入れること、独自のキャンペーンを打ち出すことなどが挙げられます。


お客様のニーズを把握

売上げを上げるためには、地域や来店する層に合わせた商品を取り扱うことが大切です。例えば、ファミリー層が多い地域であれば子ども向け商品を用意すると良いでしょう。自分や家族が求める品物が置いてあるお店であれば、お客様も定期的に通うようになります。

なお、お客様のニーズを効果的に把握するためには、ITツールなどの活用が欠かせません。


業務効率化

売上げが伸び悩んでいても、今までより経費を削減することができれば利益確保につながります。経費削減方法のひとつが、業務効率化に伴う人件費の圧縮です。

例えば、会計ソフトやシステムを取り入れることで、経理業務の負担を減らすことができます。また、無人レジや電子マネーを導入することで、レジ業務にかかる時間を減らすことが可能です。


資金繰り改善

資金繰りとは、手元の現金が不足しないように入出金を管理することです。たとえ黒字計上している会社でも、販売先からの入金までに時間がかかることで現金が足りなくなり、諸経費や借入金を返済できず黒字倒産してしまうこともあります。

資金繰りを改善するためにも、取引先と支払い条件を交渉する、普段から資金繰り表を作成して資金繰りに対する意識を持っておくことなどが大切です。また、現金不足が発生しそうなときに資金調達できるよう、あらかじめ金融機関との接点も持っておくようにしましょう。

\キャッシュフローの改善にお悩みなら独自Payのアララ キャッシュレス/


ハウス電子マネーを導入してスーパーマーケット経営を成功させる

ご紹介した4つのポイントを実現するために有効な手段がハウス電子マネーです。ハウス電子マネーとは、現金を事前にチャージするプリベイト式電子マネーです。

スーパーマーケットを経営する事業者様は、ハウス電子マネー導入で「普段クレジットカードを使用しない層を取り込める」「レジでの決済がスムーズになる」「取引履歴を把握して販促につなげやすい」などのメリットを享受できます。詳しく確認していきましょう。


普段クレジットカードを使用しない層を取り込める

スーパーマーケットでクレジットカードを利用すると、お客様は会計がスムーズになる、支出を管理しやすくなるなどのメリットを享受できます。しかし、クレジットカードは作成時に年齢や与信の確認を要するため保有していない方もいらっしゃいます。

その点、ハウス電子マネーは、与信の確認もなくすぐに作成・利用いただくことができます。チャージ式(前払い式決済手段)のため、使い過ぎることもありません。クレジットカードよりも手軽に利用いただけます。


レジでの決済がスムーズに

ハウス電子マネーの導入により、お客様が財布から小銭を取り出す手間や時間が減り、レジでの決済がスムーズになります。レジ業務が減ることで従業員が他の業務に割く時間を増やせるため、業務効率化・人件費削減にもつながるでしょう。

また、導入店舗様で管理する現金も少なくなるためセキュリティ対策にもなります。


取引履歴を把握して販促につなげやすい

ハウス電子マネーの場合、お客様の属性情報など共通電子マネーでは把握できない情報も入手できます。そのため、来店するお客様の層や嗜好にあった販促を打ち出しやすくなります。

また、ハウス電子マネーは自社オリジナルの電子マネーのため、販促でポイント付与など店舗限定の特典を打ち出してお客様の囲い込みを図れます。

\アララ キャッシュレスなら情報も一元管理可能/


まとめ

スーパーマーケットを経営するにあたっては、食品衛生責任者などの資格取得や各種申請手続きが必要です。また、実際にスーパーマーケットを経営していく上では、業界で生き残るために、「自店舗をお客様に利用していただく理由」となる差別化を図っていかなければなりません。

差別化を図り、スーパーマーケット経営を成功させる手段のひとつがハウス電子マネーの導入です。ハウス電子マネーは、導入店舗様にお客様のチャージ額が入金されるため、資金繰りの改善につながります。全国のさまざまなスーパーマーケットで導入実績のあるアララのキャッシュレスサービスは、キャッシュレス化に必要な機能をワンパッケージで提供しているため、機能に応じて複数の事業者と契約する必要もありません。

ぜひ一度アララのキャッシュレスサービスをご検討ください。


独自Pay(ハウス電子マネー)の導入は
私たちにご相談ください

Contact
お電話でのお問い合わせはこちら
【平日】10:00~19:00
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
\3分で分かる!アララ キャッシュレス/
独自Payが注目される理由。

人気記事ランキング