活用シーン

\3分で分かるアララ キャッシュレス/

業界ごとの活用例をご紹介します

01スーパー

スーパー

汎用決済に比べ低い手数料率で負担が低減。チャージ式で将来の売上を商品販売前に確保できるため、日々の資金繰りが改善されます。

レジ処理スピードが改善!お客様をお待たせする時間が減りました

atsuper
小銭のやり取りに時間がかかっていましたが、カードをスキャンするだけなので、レジ処理もスムーズ。ご高齢の方からも手軽に利用できると好評です。

自由なキャンペーン設定が可能!
お客様が楽しみに来てくださいます

atsuper2
アララ キャッシュレスを導入すれば、自社の独自Pay(ハウス電子マネー)を発行可能。日時、曜日を問わず自由にキャンペーンを設定いただけます。
02飲食店cafe

飲食店 cafe

紙のコーヒーチケットや回数券をデジタルにして、管理工数を削減。独自Pay(ハウス電子マネー)なら、レジ処理もスムーズなうえ、利用前にチャージされるので資金繰りも改善されます。

忙しい朝もレジ処理がスムーズ!
毎日利用いただくからこそ便利に

cafe
コーヒーショップやカフェは、特定のお店を毎日利用する方が多いもの。忙しい時間帯でも煩わしさなく決済できる点が重宝されています。

会員ランク機能で利用を促進!
ロイヤルカスタマーの育成に

PC
アララ キャッシュレスは、利用頻度に応じてインセンティブ率を変える会員ランク機能を備えています。ロイヤルカスタマーの育成につながります。
03大学

キャンパス

学校の購買やカフェテリア、文具店、いずれも学生生活において欠かせない場所。独自Pay(ハウス電子マネー)を利用すれば、お子様へ現金を持たせたり、使いすぎに懸念をもつ親御さんの不安を解消します。

使いすぎをコントロール!
チャージ式だから親御さんも安心

学生
大学生向けクレジットカードを導入する場合、無駄遣いをしないか懸念する親御さんも多いようです。独自Payは利用場所を制限できることから、親御さんも安心です。

学生証と決済システムを一元化!
カードレスな学校生活を実現

学生02
校内にあるさまざまなシステムや決済手段。その管理工数が学校の大きな負担となっています。本人認証としての学生証と決済を一元管理することで工数を削減。
04地域振興券

自治体・商店街など

紙の振興券をデジタル化。発行したチケットの管理や利用状況も把握でき、管理工数の削減に寄与します。また、商店街や地域で利用できる地域通貨としても活用できます。

商店街を活性化!地域で利用できる地域通貨として独自Payを活用

商店街
商店街や地域の活性化にも独自Pay(ハウス電子マネー)を活用できます。

プレミアム振興券を電子化
デジタルと紙の運用で管理工数削減

振興券の電子化にアララキャッシュレス
デジタルと紙のハイブリッド運用が可能。プレミアム振興券を電子化することで、使いきりにならない、継続的な地域のインフラとして活用できます。

独自Pay(ハウス電子マネー)の導入は
私たちにご相談ください

Contact
お電話でのお問い合わせはこちら
【平日】10:00~19:00
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
\3分で分かる/
アララ キャッシュレスが選ばれる理由。